画家書家 アーティスト内田百音(うちだもね)の活動ブログ


by uchidamone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

苕溪詩巻( しょうけいしかん)

c0143684_649589.jpg

c0143684_6495843.jpg

中国、北宋時代の 米芾 [べいふつ]を 臨書しました。

私の 大好きな書家で…恐らく歴史上、トップクラスの 技巧と目をもった書家だと思います。
時々、"ここまでやりますか?" という位、 (心臓が破れそうよ!)…の文字に出あいます。
でも、それが、俗になりそうで ならないところが 凄いところです。リズムが 私の運筆によく
合うので大変、気持ちよく書けます。 呼吸が著しく合わない 古典はやはり、とても疲れます。
これは、人と人との 会話のリズムと 同じで…合う合わないは、必然的に出てくる様です。
古典嫌いに 陥らない為に・・・一様に勉強した後の 古典選びには 自分の呼吸・・・心地
よいリズムを よく知る必要があると思います。

また、 米芾を書くのに 大切に 思うのは、技術を見せつけるだけの 薄く冷たい作品 に
ならないように…心がける事だと思います。
"人、人格があっての全ての芸術"…だと思うから…。
[PR]
by uchidamone | 2008-07-21 06:49 | 書道の活動