画家書家 アーティスト内田百音(うちだもね)の活動ブログ


by uchidamone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:書道の活動( 38 )

春には…桃?

c0143684_16224100.jpg

今日は、春らしい淡墨作品をアップします。

字の中に、花を咲かせました。おわかりに、なりますか?

去年、出版物に出すために 制作した 「桃」 です。
春の節句の 掛け軸などに、いかがでしょう。(笑)

もう少し、桃色で 和紙を染めて 裏打ちしたいと思っています。
[PR]
by uchidamone | 2009-03-19 16:02 | 書道の活動

お仕事始め

c0143684_15195369.jpg

ようやく、お正月気分が 抜けてきましたね!

そろそろ、皆様、お仕事始 めでしょうか。

私は、テレビ番組の タイトル文字 "美術空間を求めて" の制作を、暮れに終え、

今は又、公募展に 出品の 作品に 取りかかっています。

今回は、前の時のような  連続受賞へ向けての、辛い プレッシャーは、
あまり、ありません。 

余裕は 無いのですが・・・不思議と、気持ちは・・・自然です。
"ゲートシリーズ" を 仕上げています。
皆様も、良い一年が、迎えられます様にと お祈りしています。
[PR]
by uchidamone | 2009-01-06 15:19 | 書道の活動

謹賀新年

c0143684_126043.jpg

明けましておめでとうございます。

皆様は、お正月をいかがお過ごしでしょうか?

昨年は、皆様のお力を頂いて、私にとっては、飛躍の年となりましたが…。
今年も、益々、目標を高く持って、頑張りたいと思っています。
是非、又、応援して下さいね!有難うございます。

さて、新年を意識した、私のpowerfulな作品が、3点、渋谷の画材ウエマツ(宮益坂口 
駅の向かいビル1F)のウィンドーギャラリーに飾られています。
1月一杯はご覧頂けますので、渋谷にお越しの際は、是非ご覧になって下さいね!

また、ウエマツの商品もよかったら、覗いてみて下さい。なかなかの、発見があったりして、
きっと楽しめますヨ。 店員さんは、親切に 色々と教えて下さいます。

それでは、皆様にとって素晴らしい一年となります様に お祈りしております。
どうぞ、本年も宜しくお願い 致します。これからの一年、頑張りましょうね!!
[PR]
by uchidamone | 2009-01-03 12:06 | 書道の活動

技術と人

c0143684_23511186.jpg

昨日は 来年度の  「美術年鑑」が、届きました。
今年は、日展に書道展が 参入して、60周年という事で、書家先生方の ページが
特集で 組まれていました。

その中で、最年長の大先生である、杉岡華邨先生の文章が、とても 印象的でしたので、
引用させて頂きます。

「良い書は良い人間で なければ書けぬ。 良い人間とは何か。 自分の心を磨き、
絶えず自己開発に 努める人であろうと私は思います。

芸術作品は 人間の生の表現で ありますが、特に 書の作品はそれがもろに出てきます。

忙しい線、だらけた線、泥臭い線、サラサラと上っ面だけの線、作品を見ていると、
その人の 人間性が 見えてくるから 不思議です。」

ここまでが、杉岡先生の文章の一部です。

技術よりも、何よりも、作品は その人を 語りますから、作家は 自分の 中身の向上を
常に、目指さなければなりません。

その為には、日常の様々な経験に加えて、良書を 読む事も大切に なります。
技術と人間性とを 連動しながら 磨いていく 必要が あるのです。

人は、どんな環境からでも、今を感謝し 愛を抱き、精一杯に、魂を磨く事が
出来ると思います。苦しみも悲しみも、全てが必要な、魂の向上への
有難い 訓練の場と なるからです。
[PR]
by uchidamone | 2008-12-15 23:51 | 書道の活動

雑誌の撮影

c0143684_8305046.jpg


明日は、開発商品を使った、書作過程の撮影があります。

「月刊書道界」の新春号に 掲載される 予定です。

今、その試作がすすんでいます。

古典の拓本のような、白抜き文字と、石の風化による古びた感じを出しています。

紙質を替えて、もう少し、納得の行くところまで、頑張ってみようと思っています。
[PR]
by uchidamone | 2008-11-27 08:30 | 書道の活動

書道美術新聞

c0143684_0554576.jpg

  昨日、私の 展覧会記事を 掲載して下さった、「書道美術新聞」 の
 萱原書房さんから、沢山、新聞を 贈っていただきました。

  「さて?!こんなに、沢山、どうしよう…」 と一瞬、 考えましたが…

  「そうだ。 教室の 生徒さんに 配りましょう!!」と思いたちました。
 
 有り難うございました。しっかり、大切に 配らせていただきますね。

 日本では、書道を 愛好する人口は 沢山いますが、購読するのは、せいぜい
 所属している会の 会員誌 止まりのようです。

 こういう、専門の鑑識眼を 持った記者さんが、取材する専門誌を 
 購読する人は、少ない様です。

 書道界をちゃんと把握して、正しい鑑識眼を 身につける ためには、
 この新聞や、「月刊書道界」、「日本書法」、「書21」、「墨」 などの専門誌を 購読
 するのが、とても有効な 事なのだと、明日生徒に お話しようと 思います。
[PR]
by uchidamone | 2008-11-12 00:55 | 書道の活動

「月刊書道界」11月号

c0143684_2001843.jpg

c0143684_2001831.jpg

c0143684_2001868.jpg

 「月刊書道界」11月号の…書道界ニュース…に 内田百音展覧会」記事を
      1/2ページで掲載して 頂きました。 大変 有難うございます。

        *****「水墨画発表3周年記念で内田百音展、開催」*****

昨今 水墨画壇で 注目を集めている現代アーティストで、書家でもある 内田百音(もね)氏の個展が、八月ニ六日から三一日まで、東京の銀座東和ギャラリーで開かれた。

内田氏は 三年前から水墨画の 各種公募展、コンクールに 出品をはじめ、現在一四回
連続受賞中で、一躍注目を集めている。

今回は 出品三周年記念で 受賞の水墨画一四点と 日本画小品、および三歳から
続けてきた、内田氏の表現の骨格をなす 書作品を発表。

書と絵画の 垣根を超えて、甲骨金文の墨書に着彩を施し、原色系で 神々の世界を
生き生きと 描き出した 「古代文字絵画シリーズ」や、水墨淡彩の波頭図を 下絵に四字
「四海同胞」といった、水墨と四字句による 全紙二枚継四幅の 大作など、
いずれも スケールの大きな作品が 発表された。

躍動感 あふれる線と、書と画の相乗による 豊かな表現域が 鑑賞者を魅了した。
[PR]
by uchidamone | 2008-11-09 20:00 | 書道の活動

ウエマツさんの開発商品

c0143684_1865588.jpg

c0143684_1865589.jpg

        画材屋さんで、画家や、画学生達に 愛好されて有名な 渋谷(横浜)の 
                  ウエマツさんの 開発商品 です。

      今回、こちらの商品を使用して、月刊書道界誌上で 書道作品を制作する・・・
                   という、お仕事が来ています。

      今日は、ウエマツさんの渋谷の研究所で、リハーサル&打ち合わせでした。

        開発商品を 墨に混ぜて、書作品の墨部分に ひび割れを作ります。

       ウエマツさんの 顔料"彩三水" に因んで、リクエストにより 「天地空三彩」と、

                   30号パネルに 即興で 書きました。

    制作に入ると、私が、変わるので、社長さんに 驚かれてしまった?・・様です。(笑)
         制作中と、普段の私には、多少のギャップが あるみたいです。(笑)
[PR]
by uchidamone | 2008-10-31 18:06 | 書道の活動

麓山寺碑( ろくさんじひ)

c0143684_14345356.jpg

  中国、唐の時代の 李よう(李北海)という、役人の「麓山寺碑」という書を 臨書しました。
          重みのある 雄健な筆勢で 風格ある 書風です。 
               これは、私の最近の好みの傾向・・・かな?
 
               最近は、好みの幅が 広がって来ています。  
                臨書は 惚れ込まないと、楽しくないですし、
            楽しくないと、なかなか 身につくものでは、ありません 。

             勉強は何でも、楽しんでのぞむが、勝ち・・・ですね。
 
              特に書は、たとえ100才の大家となったとしても、
            死ぬまで、勉強と いわれます。 とても、キビシイです。

                        今日は、雨・・・。     

          昨日は、お友達に誘われて、弦楽アンサンブルを、聴いてきました。
        演奏は、アンサンブル・エンドレス。 コンサートマスターは、 景山誠治氏。
                選曲はE.H,グリーク、B.ブリテン、J.スーク・・・。
 
              秋の宵には、弦楽器の音色が、とても心地よいです。
[PR]
by uchidamone | 2008-10-24 14:34 | 書道の活動

開店レセプション

c0143684_15235533.jpg

c0143684_15235510.jpg

c0143684_15235685.jpg

        私が、ロゴ、看板、店内絵画作品の 全般を 任された和牛のお店が、
                  東京・世田谷に、オープン致しました。

      一番下の写真は、私の文字を 彫っている 入口のガラス扉と店内です。
     
      昨晩は、そのレセプションに呼んで頂き、 美味で贅沢な夕餉をいただきました。

            スタイリッシュで素敵な 大人の空間です。
[PR]
by uchidamone | 2008-10-14 15:23 | 書道の活動