画家書家 アーティスト内田百音(うちだもね)の活動ブログ


by uchidamone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古代「甲骨・金文」文字

c0143684_040751.jpg

c0143684_040817.jpg

満開の桜が、今夜の雨で散ってしまいそうで、少しばかり心配しています。
さて、この初夏に開催される「国際書法芸術展」で準特選をいただける事になりました。大変有難うございます。2月に私が取り組んでいた甲骨文の大作です。この書道展は、6月に東京都美術館で催されます。
受賞作品は、「森羅万象」と書きました。会期後に作品の写真をサイトに載せたいと思います。

甲骨文字とは亀甲や獣骨に刻された文字で、かつて地中に三千余年もの間、眠り続けた中国古代の漢字文字です。特に骨は牛の肩甲骨と鹿の頭骨が一番多く、主に王室の占いの記録が記されたものが多く残されています。
また、金文とは、主に青銅器に鋳込まれた古代文字をいいます。
これらは、奇姿あふれた愛らしい文字が多いので、楽しくエネルギッシュな創作に仕上がり易く、私にとっては大好きな文字のひとつです。
写真上の作品は一年前に書いたもので「慶」と「亀」の文字を創作したものです。下の写真作品も又、「慶」を創作しています。なかなかユニークでチャーミングだと思われませんか?

桜、さくら…まだしばらくは散らずにいてね。 今日はとても寒いです。まさに花冷え・・
[PR]
by uchidamone | 2008-03-31 00:40 | 書道の活動

展覧会図録

c0143684_15395866.jpg

c0143684_15395889.jpg

先日の公募展の作品集「水墨画500選2008」がそろそろ全国の大きい書店で販売されることと思います。

今の日本の一搬的な水墨画の様子が見渡せるかも知れません。ご興味のある方は本屋さんでページをめくってみて下さいませ。
ただ、私の作品はやはりちょっと異端児…の様にうつるかも知れません。
「え!?これが水墨画?」「え?違うでしょう!?」「だって、こんなの見た事がないわ…。」などとよく言われてしまうのです。(笑)

私の作品は8ページに出ています。「永劫の歩みⅡ」を少し内容を変えて20号におさめました。
今年は桜の開花が早いようですね。これから、全国で お花見が、楽しめそうです。
[PR]
by uchidamone | 2008-03-28 15:39 | 活動、展覧会など

収蔵 前夜

c0143684_15305141.jpg

今月、とてもエレガントな 場所「宮家」に お届けした作品です。 収蔵前日に、アトリエで
記念撮影をいたしました。  百音
[PR]
by uchidamone | 2008-03-28 15:30 | 活動、展覧会など

授賞式 スピーチ

c0143684_2037751.jpg

c0143684_2037871.jpg

先日、全日本水墨画秀作展の授賞式が国立新美術館でありました。私はお陰様で、東京都議会議長賞を頂戴致しました。有り難い事です。

式は美術館の講堂でありましたが授賞後のスピーチを頼まれていて、恐縮ながら檀上でお話しをさせていただきました。
スピーチの内容は私が作品にとってとても大切だと考えている、「線」についてお話しを致しました。あとは、子供の頃の筆との関わりなどをお話ししました。写真がブレていてごめんなさい。

普段はアトリエに籠もりがちな私も、この頃は出掛ける機会が多くて、お天気がよい日は外出が気持ちよいですね。
今年の冬は厳しかったので、春のやさしい風が嬉しいこの頃です。  百音
[PR]
by uchidamone | 2008-03-12 20:37 | 活動、展覧会など
c0143684_1303572.jpg

特刊 美術(日中同時発行誌)掲載 展覧会情報より引文
 本誌にも、斬新で哲理ある現代的墨表現に挑戦している画家として、数回登場していますが、最近3年間で連続受賞11回の近代画家、内田百音さんの新たな個展が、1月14日~19日東京・銀座の画廊ギャラりー・アートポイントにて開催されました。ー以下省略ー
[PR]
by uchidamone | 2008-03-02 13:00 | 新聞雑誌掲載記事