画家書家 アーティスト内田百音(うちだもね)の活動ブログ


by uchidamone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5DELI &CAFE

c0143684_1912980.jpg

蝉が毎日、鳴いていますね!久しぶりに、サンバな音楽が流れる カフェから 更新してます。(5DELI&CAFE) アーティストはON、OFFが必要なんだって言われると 凄く救われるのですが。。展覧会に向けての放電量が、私の場合、自己能力をかなり越えているとみえて、その後の 必要充電量に 我ながら メチャクチャ焦ってしまいますF9AB.gif

早くも、次期パリ展に向けて、美人ギャラリストに 叱咤激励 されてる 私デス!!
はい!200%頑張りますから!期待しててねっ!絶対裏切りませんから。。。って。

あのね!帰国して、教室に出るとね…。生徒さんの瞳孔が一回り大きく見開いて「先生ー!お帰りなさ〜い!」って嬉しそうに言ってくれるのです。
その中には「百音先生が日本にいないと思っただけで、凄く淋しくなるんです」って言ってくれる生徒さんもいてね…。

あァ幸せだなって。(笑)先生冥利に尽きるというか。。。生徒さんの年齢に 幅はあれど、
みなさんを 凄く可愛いな と思う 今日この頃。。。
[PR]
by uchidamone | 2012-07-28 19:01
c0143684_4284196.jpg

c0143684_4284123.jpg

水墨画年鑑社編「水墨画年鑑2012年版」(4800円) 秀作社出版… 第一線水墨画家、
団体を総動員。 水墨画にテーマを絞った水墨画美術史!
A4版のみごたえ充分な現代水墨画鳥瞰図的年鑑。是非、書店、図書館等で!
************************************
作品: 内田百音 -Select-   文 :水墨画年鑑社、編集部

三歳より毛筆と音楽教育を受ける。2005年に中央水墨画壇に発表後、3年間に14コンクールで連続受賞し、'08年にはテレビ・ラジオにも出演した。美術館で企画展を展開し、その独特で斬新な画風、現代を捉える洞察力、その高い精神性が注目されている。

長年鍛えた書の線が画にいかされていて、中でも上掲に見るように西洋の石造建物の描写は秀逸で、石の質感や歴史の古さ、大気までもが感じられる。
***********************************
[PR]
by uchidamone | 2012-07-07 04:28