画家書家 アーティスト内田百音(うちだもね)の活動ブログ


by uchidamone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

悩みの蔦(ツタ)

c0143684_11501037.jpg

c0143684_11501022.jpg

毎年この時期、必ず私を悩ますのが、この 蔦(ツタ)!!

晩夏のあたりは控え目に緑が加わり、それが真っ青な空色に映えて凄く美しいものだから、ついうっかり見過ごしちゃうんだけど…。それを見過ごし過ぎると、まさに家を囲う勢いになる…。奮闘して取り除くと、今度は体中が痒くなる…。

と言う訳で…昨日、帰国して、ようやく蔦と戦う 決心をつけた私。。。p(^^)q
ヤレヤレ、三階の一部を除いて 何とかしたけど、そもそも、この蔦…。隣家からやって来ているのに、苦情一つも言えずに ここまで 育てた(?)私がイケナイ!?

でも…隣家は一人暮らしのおじいちゃんなんだよねぇ!!やっぱり今年も何も言えなかった。。トホホ。 アァ、やっぱり、またまた、体が痒くなって来た。。。
[PR]
by uchidamone | 2012-10-31 11:50
c0143684_1841910.jpg

サロンドートンヌの懇親ディナーです。200人以上のパーティーでした。

日本人作家の参加は、パリ在住 日本人画家達の中心におられる赤木先生と、彫塑作家の梅鉢さんと私の三人だけだったような気がします。もしかしたら私達のテーブルから見えなかっただけかも知れませんが…。

国別ブースに日本や中国などが参加していますが、出来ればフリーで参加してレベルの高い現地作家の中で並べられるほうがやはり評価されるもののようです。

言葉の壁はありますし、個人での搬出入はとても大変ですが、ネットの普及したグローバルな時代に生きている私達の苦労は、50年以上前に渡仏した作家達の苦労とは、とても比較にならないでしょう。

今日は久々に訪問着を来て参加しました。着物はやはり凄く珍らしいようで、街中でも声をかけられたり、カメラを向けられたりで、全く油断のならない一日。。。(笑)
写真の左の女性はKENZOのスーツを来ているそうでKENZO大好きなのだそうです。(笑)
[PR]
by uchidamone | 2012-10-29 18:41

パリの空気

c0143684_16594550.jpg

今、滞在しているマンションは125㎡の広さがあり、贅沢にも日本人女性と2人だけで利用しています。何処をとっても絵になるパリですが…住まう地区によって様々な 空気感を 醸し出します。

古い建物を大事にしているからでしょうか。故人の様々な想いが建物に染み付き、それらを引き継いでその街があります。だから、その抱えた想いの重さ、軽さによって住み易さが人それぞれによって決まってくるのだという事。。。そんな事を特に感じるのですよ。

 人の波動が その街と同調出来るかどうか というです。あなたは、そんな事を考えた事は ありませんか?
[PR]
by uchidamone | 2012-10-26 16:59
c0143684_12385949.jpg

c0143684_12385996.jpg

c0143684_12385941.jpg

c0143684_12385979.jpg

サロンドートンヌがオープンしました。入口から凄い人が並んでいます。

ピカソも藤田嗣治もマチスもその他、名だたる画家がこのサロンから名をあげ世界的な画家に育ちました。初日の勢いを見ると、フランス人の芸術への感心の高さには敬意を払わずにはいられません。

私の作品は「La porte s'ouvre」展示番号126。カタログページ186「Peinture Synthe'se」…ここは、聞くところによると、サロン女性副会長セレクトブースらしいです。確かに、搬入時オーラのある立派な女性がブースで受付けて下さいました。
[PR]
by uchidamone | 2012-10-26 12:38

サロン・ドートンヌ

c0143684_14133362.jpg

朝晩涼しくなってきましたね。秋本番となり、私の活動もいよいよ、活発化してきました。

毎秋に 開催されている、フランスの登竜門で 一番難関だと言われるサロン・ドートンヌ コンクールに初出品で 審査合格しました。   又、12月のソシエテ・ナショナル・ボザール展 (ルーブル美術館)にも同様に審査合格しました。

そして又、私にとって、今年一番大切な個展がこれからどーんと、控えています。

11月下旬〜来年1月中旬にかけて、シャンゼリゼ近くのギャラリーでロングラン企画個展が 予定されているのです。いよいよ、忙しくなってきました。

コンクールは、日本の業者経由での出展ではなく、現地出展の為、サロン側から直にフランス語でメールが来たりするので非常に慌ててしまうのですが…。^^;

美しく優しい在仏、在日、ジャポネーゼたちの、サポートや応援を頂きながら今、一生懸命頑張っています!!
微力な私ですが…皆さんがもしも今、元気一杯だったら、時々、百音に元気パワーを送って下さいね。最近までは エネルギー不足だったんです 私。。。でも 頑張りますねッ!!

では季節の変わり目ご自愛下さいませ!サロンドートンヌ:(10月24日〜10月29日)
[PR]
by uchidamone | 2012-10-11 14:13