画家書家 アーティスト内田百音(うちだもね)の活動ブログ


by uchidamone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
c0143684_22405829.jpg

c0143684_22405954.jpg

ニュースダイジェストに [Mone UTCHIDA〜内田百音パリ展]掲載。有難うございました。
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-13 22:40
c0143684_22363121.jpg

今月は、ルーブル美術館の地下で行われるサロンに出展が決まっています。
主催はフランス美術史の歴史ある5団体のひとつ、ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール。

11月に出展した、サロン、ドートンヌは これら5団体を一つにまとめたサロンなので難関なのだそうです。
さて、昨年150周年を迎えた今月のソシエテ・ナショナル・デ・ボザールは、5団体の中でも、もともとフランス具象派の流れを忠実に守っていたことでその地位を確立していました。
フランス美術といわれるまさにその中核を長い歴史の中で支え続け、歴代大統領が後援として名を連ねる唯一の由緒ある団体です。
日本を代表する作家では児島虎次郎氏、横山大観氏、黒田清輝氏、藤田嗣治氏などが所属しており、ヨーロッパ美術界の登竜門として出品していました。
■ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール 会期 12月13日〜16日 Carrousel du Louvr
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-13 22:36

皇居ランニング?

c0143684_19292389.jpg

c0143684_19292394.jpg

c0143684_19292382.jpg

ほっとしたところで、今朝は、ルーブル美術館の向かいにあるアパルトマンからランニングを始めました。まるで、皇居ランニングみたい\(^O^)/

私がゆっくり走るものだから、オランジェリー美術館前で待って、一息していた…Yちゃん!その直ぐ横に ロダンの作品[Le Baiser] が 何気に 朝日を浴びていたりするから、本当に驚いてしまう。 何処を見ても、建築、造形に念入りな検討を繰り返して来きた歴史 とこの国民の美意識が何より素晴らしいと思う。
http://www.uchidamone.com/
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-11 19:29

呉亜紫音(クレアシオン)


c0143684_605313.jpg

c0143684_605348.jpg

私の仲良しの音楽家、呉亜紫音(クレアシオン)さんを、ご紹介します。お互い、感性がとても似ていて、芸術に対して色々 共感出来るので、彼女といると、話が尽きません。
彼女のプロフィール
http://jumellesmusic.com/index.php?Profile
今回は、 私のお祝いということで、パーティーでフルートと尺八を演奏して下さいました。
彼女は、パリを中心に活躍されヨーロッパで数々の受賞歴をおもちです。また、歌手と
してもコロンビアからCDデビューされた実力派のアーティストです。
さてこの度、私と入れ違いに東京に帰国され、年末の演奏会を 双子の高畠亜生さん(東京芸大、作曲家首席卒業)と、年末コンサートを企画されています。

純粋なお二人の、純粋な音に、きっと心から癒される事でしょう。
大切な方と素敵なクリスマスに、是非、お出かけ下さい。
http://blog.goo.ne.jp/creasion85
12月23日以外にも20日、26日には、上野学園、石橋メモリアル小ホールチや、カデンツア でコンサートの予定があります。上記ブログより、是非ご確認下さい。
[12月23日] 開場:16時半 開演17時 
チケット:一般 3000円(1ドリンク込み&ジュメルオリジナルCD付き)     
場所:名曲喫茶カデンツァ  住所:文京区本郷7−2−2本郷ビル地下1階
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-11 15:11

Mone' UTCHIDA expo. [2]

c0143684_19284081.jpg

c0143684_19284047.jpg

c0143684_19284064.jpg

パリの4度め の展覧会。。。今回は、画商さんに「出来るだけ日本をアピールして欲しい」と要望されていて…。私だけでなく、音楽家の呉亜紫音さんやスタッフにも 日本を意識した装いを お願いしました。
http://www.uchidamone.com/
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-10 19:28

Mone UTCHIDA expo. [1]

c0143684_18314995.jpg

c0143684_18314986.jpg

c0143684_18314972.jpg

http://www.uchidamone.com/
http://www.uchidamone.com/guide2012_11.html
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-10 18:31

PARIS 区報掲載

c0143684_20395288.jpg

パリの区報に大きく掲載して頂きました。 大変、嬉しいです。有難うございます。
http://www.uchidamone.com/
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-05 20:39

Mone UTCHIDA PARIS EXPO.

c0143684_20344693.jpg

************************************************Mone UTCHIDA-内田百音パリ第4回展

11月29日〜2013年1月12日
Vernissageパーティー:12月6日18時〜21時

「MONE UTCHIDA」

EXPOSITION:du29/11/2012au12/1/2013

GALERIE 110 COURCELLS

110,boulevard de Courcelles-75017 Paris

TEL0982332016
http://www.galeriecourcelles.com/
contact@galeriecourcelles.com

内田百音は、2005年に画壇デビューして、2008年までの3年間に14コンクールで連続受賞致しました。
昨年よりヨーロッパ展開を始め、今回長期 パリ個展を開催致します。
今回は、連続受賞した作品と、古代文字を絵画化した新シリーズの[Ancient-Caractere]を発表致します。是非お気軽に、お出かけ下さい。

下記、イベント地図およびプロフィール情報等

http://www.uchidamone.com/guide2012_11_prof.html

http://www.uchidamone.com/

Facebook ---Mone Uchida

***********************************************
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-05 20:34

クリスマス一色のパリ

c0143684_1942428.jpg

c0143684_1942484.jpg

これから、どんどんクリスマス一色に輝き出すパリです。
私の展覧会は11月末から1月半ばまで開催されるので、皆様には、パリのイルミネーションとともに、お伝えしていきたいと思っています。
http://www.uchidamone.com/
[PR]
# by uchidamone | 2012-12-02 19:42

木曽路

c0143684_14171548.jpg

c0143684_14171558.jpg

c0143684_1417153.jpg

写真のお茶は、何と、「菊茶です。」と…。
薄味の昆布茶に菊の黄色い花びらが4〜5枚浮いている。。。いとをかし..かな。

日本料理は、繊細で 温度差や季節感を大切にしていて 本当に素晴らしいですよね!
おもてなしの心を大切にする 日本の文化は 私達の誇りです。
これは、ビジネスとして 海外に持ち込む事が 充分可能でしょう。

帰国して直行したのは、よく行く「木曽路」。。。アトリエから車で5分の場所にあります。
海外から知人が来られたらここに私は、連れてきます。肩の張らないおもてなしが好きです。
牛鍋に薄くスライスしたゴボウが入っていてふっと思い出しました。。。
パリでは、大根も牛蒡も高級野菜で…一本700円もするのですって〜。わぉ!!

そんな中でもパリの麗しいジャポネーゼ達は、食材などを工夫して生活を楽しんでいました。彼女達が日本の心を失わないでいる事に、私はひそかな敬意を覚えていました。
http://www.uchidamone.com/
[PR]
# by uchidamone | 2012-11-01 14:17

悩みの蔦(ツタ)

c0143684_11501037.jpg

c0143684_11501022.jpg

毎年この時期、必ず私を悩ますのが、この 蔦(ツタ)!!

晩夏のあたりは控え目に緑が加わり、それが真っ青な空色に映えて凄く美しいものだから、ついうっかり見過ごしちゃうんだけど…。それを見過ごし過ぎると、まさに家を囲う勢いになる…。奮闘して取り除くと、今度は体中が痒くなる…。

と言う訳で…昨日、帰国して、ようやく蔦と戦う 決心をつけた私。。。p(^^)q
ヤレヤレ、三階の一部を除いて 何とかしたけど、そもそも、この蔦…。隣家からやって来ているのに、苦情一つも言えずに ここまで 育てた(?)私がイケナイ!?

でも…隣家は一人暮らしのおじいちゃんなんだよねぇ!!やっぱり今年も何も言えなかった。。トホホ。 アァ、やっぱり、またまた、体が痒くなって来た。。。
[PR]
# by uchidamone | 2012-10-31 11:50
c0143684_1841910.jpg

サロンドートンヌの懇親ディナーです。200人以上のパーティーでした。

日本人作家の参加は、パリ在住 日本人画家達の中心におられる赤木先生と、彫塑作家の梅鉢さんと私の三人だけだったような気がします。もしかしたら私達のテーブルから見えなかっただけかも知れませんが…。

国別ブースに日本や中国などが参加していますが、出来ればフリーで参加してレベルの高い現地作家の中で並べられるほうがやはり評価されるもののようです。

言葉の壁はありますし、個人での搬出入はとても大変ですが、ネットの普及したグローバルな時代に生きている私達の苦労は、50年以上前に渡仏した作家達の苦労とは、とても比較にならないでしょう。

今日は久々に訪問着を来て参加しました。着物はやはり凄く珍らしいようで、街中でも声をかけられたり、カメラを向けられたりで、全く油断のならない一日。。。(笑)
写真の左の女性はKENZOのスーツを来ているそうでKENZO大好きなのだそうです。(笑)
[PR]
# by uchidamone | 2012-10-29 18:41

パリの空気

c0143684_16594550.jpg

今、滞在しているマンションは125㎡の広さがあり、贅沢にも日本人女性と2人だけで利用しています。何処をとっても絵になるパリですが…住まう地区によって様々な 空気感を 醸し出します。

古い建物を大事にしているからでしょうか。故人の様々な想いが建物に染み付き、それらを引き継いでその街があります。だから、その抱えた想いの重さ、軽さによって住み易さが人それぞれによって決まってくるのだという事。。。そんな事を特に感じるのですよ。

 人の波動が その街と同調出来るかどうか というです。あなたは、そんな事を考えた事は ありませんか?
[PR]
# by uchidamone | 2012-10-26 16:59
c0143684_12385949.jpg

c0143684_12385996.jpg

c0143684_12385941.jpg

c0143684_12385979.jpg

サロンドートンヌがオープンしました。入口から凄い人が並んでいます。

ピカソも藤田嗣治もマチスもその他、名だたる画家がこのサロンから名をあげ世界的な画家に育ちました。初日の勢いを見ると、フランス人の芸術への感心の高さには敬意を払わずにはいられません。

私の作品は「La porte s'ouvre」展示番号126。カタログページ186「Peinture Synthe'se」…ここは、聞くところによると、サロン女性副会長セレクトブースらしいです。確かに、搬入時オーラのある立派な女性がブースで受付けて下さいました。
[PR]
# by uchidamone | 2012-10-26 12:38

サロン・ドートンヌ

c0143684_14133362.jpg

朝晩涼しくなってきましたね。秋本番となり、私の活動もいよいよ、活発化してきました。

毎秋に 開催されている、フランスの登竜門で 一番難関だと言われるサロン・ドートンヌ コンクールに初出品で 審査合格しました。   又、12月のソシエテ・ナショナル・ボザール展 (ルーブル美術館)にも同様に審査合格しました。

そして又、私にとって、今年一番大切な個展がこれからどーんと、控えています。

11月下旬〜来年1月中旬にかけて、シャンゼリゼ近くのギャラリーでロングラン企画個展が 予定されているのです。いよいよ、忙しくなってきました。

コンクールは、日本の業者経由での出展ではなく、現地出展の為、サロン側から直にフランス語でメールが来たりするので非常に慌ててしまうのですが…。^^;

美しく優しい在仏、在日、ジャポネーゼたちの、サポートや応援を頂きながら今、一生懸命頑張っています!!
微力な私ですが…皆さんがもしも今、元気一杯だったら、時々、百音に元気パワーを送って下さいね。最近までは エネルギー不足だったんです 私。。。でも 頑張りますねッ!!

では季節の変わり目ご自愛下さいませ!サロンドートンヌ:(10月24日〜10月29日)
[PR]
# by uchidamone | 2012-10-11 14:13

ランス凱旋門

c0143684_18573157.jpg

ロンドンオリンピックで日本選手達、大健闘でしたね!!
選手達のチームへの思い、団結力、カッコ良かったですね!男子も女子も…。

人って、自分だけの為でなくて、大切な誰かの為だったら、持てる以上の馬力を出せるんですよ「北島を手ぶらで帰せない!」なんて…何とカッコいい言葉でしょう!!

さて、私は、福岡で制作中です。
藤田嗣治が晩年を過ごしたランス(パリから北へ約2時間)の私のお馴染みの凱旋門や、深い趣きのある街並を描いています。歴史のある私の大好きな街です。完成したら、又お見せしますね!
[PR]
# by uchidamone | 2012-08-15 18:57

5DELI &CAFE

c0143684_1912980.jpg

蝉が毎日、鳴いていますね!久しぶりに、サンバな音楽が流れる カフェから 更新してます。(5DELI&CAFE) アーティストはON、OFFが必要なんだって言われると 凄く救われるのですが。。展覧会に向けての放電量が、私の場合、自己能力をかなり越えているとみえて、その後の 必要充電量に 我ながら メチャクチャ焦ってしまいますF9AB.gif

早くも、次期パリ展に向けて、美人ギャラリストに 叱咤激励 されてる 私デス!!
はい!200%頑張りますから!期待しててねっ!絶対裏切りませんから。。。って。

あのね!帰国して、教室に出るとね…。生徒さんの瞳孔が一回り大きく見開いて「先生ー!お帰りなさ〜い!」って嬉しそうに言ってくれるのです。
その中には「百音先生が日本にいないと思っただけで、凄く淋しくなるんです」って言ってくれる生徒さんもいてね…。

あァ幸せだなって。(笑)先生冥利に尽きるというか。。。生徒さんの年齢に 幅はあれど、
みなさんを 凄く可愛いな と思う 今日この頃。。。
[PR]
# by uchidamone | 2012-07-28 19:01
c0143684_4284196.jpg

c0143684_4284123.jpg

水墨画年鑑社編「水墨画年鑑2012年版」(4800円) 秀作社出版… 第一線水墨画家、
団体を総動員。 水墨画にテーマを絞った水墨画美術史!
A4版のみごたえ充分な現代水墨画鳥瞰図的年鑑。是非、書店、図書館等で!
************************************
作品: 内田百音 -Select-   文 :水墨画年鑑社、編集部

三歳より毛筆と音楽教育を受ける。2005年に中央水墨画壇に発表後、3年間に14コンクールで連続受賞し、'08年にはテレビ・ラジオにも出演した。美術館で企画展を展開し、その独特で斬新な画風、現代を捉える洞察力、その高い精神性が注目されている。

長年鍛えた書の線が画にいかされていて、中でも上掲に見るように西洋の石造建物の描写は秀逸で、石の質感や歴史の古さ、大気までもが感じられる。
***********************************
[PR]
# by uchidamone | 2012-07-07 04:28
c0143684_1912334.jpg

c0143684_19123395.jpg

お陰様で漸く、ヨーロッパより無事に帰国致しました。(^-^) ただ、
1ヶ月以上の留守だったもので、待ち受けていた郵便物の量が凄かった!!(^o^;

その中に 私の作品を 紹介した新刊書籍二冊が 届いていましたので…ご紹介します。
美術年鑑社出版「字チカラ」(1800円)…美術家、書家を中心に創造者たちの 渾身のひと文字!言葉を添えた座右の書、決定版!

という事で厚味4㎝弱の読みごたえ充分な書籍です。是非、書店でお求め下さいね!
************************************
作品,文: 内田百音 -龍-

福島の 子供達に、かのブータン国王は「貴方の 心の中の龍は 辛苦を食べて 大きくなる。」と語った。
私達の 愛しき地球が今、悲鳴をあげている。 ともに心を合わせ 天地の恵みに 感謝をし、私達の 内奥にも 強き龍を 養う時期が 来た様だ。
************************************
[PR]
# by uchidamone | 2012-06-30 19:12

ミラノ~パリ

c0143684_14453684.jpg

パリに一度 戻ってから 帰国します。
余りに 綺麗な 山脈に感動しました!
[PR]
# by uchidamone | 2012-06-22 14:45